TOPスポーツチャンバラって何? →概念と歴史

SportsChanbaraの概念と歴史
  「武術はすべて護身の技から始まる」という考えのもとに、1973(S48)年「全日本護身道連盟」が発足しました。その後、名称を「スポーツチャンバラ」に変え、伝統武道の重々しさとは一味ちがった親しみ易さで、「昔あそび」の代表であるちゃんばらを今の時代に復活させました。その間、安全な用具作りを進め、またルールを簡素化することで、全国に愛好者を拡げて来ました。

  競技人口が増えるにつれ、レベルは高くなってきました。大阪から毎年全国大会や世界大会の入賞者を出しています。一本勝負にかける気力と高度な技を要求されるスポーツチャンバラは、競技スポーツにふさわしい資質を持っていると自負しています。

  一方スポーツチャンバラは、日本の伝統的な遊びから生まれたこともあって、子供から学生、青年、高齢者まで広く受け入れられる可能性を持っています。今後、年齢や男女差を超えて、誰もが楽しめる<生涯スポーツ>として発展することでしょう。「どこを打ってもよい、どこを打たれてもいけない」に象徴される制約の少なさも、スポーツチャンバラの大きな利点です。 私たちはこの競技を、武道の持つ礼儀正しさとスポーツの持つ健康さを併せた、近代的な格闘競技として発展させたいと考えています。